ライフプラン表の作成方法やメリットとは?活用の仕方も紹介します

ライフプラン表の作成方法やメリットとは?活用の仕方も紹介します

2020/06/26

マイライフ

この記事をシェアする
1
1
この記事をシェアする

ライフプラン表の作成を検討していて、作成方法やメリットが気になっているという方もいるのではないでしょうか。

人生には支出をともなうさまざまなライフイベントが起こるため、人生の節目も想定したキャッシュフローを想定することが重要です。ライフプラン表の作成方法やメリット、活用方法を知ることで、ライフイベントに対応する適切な計画立案ができます。

ライフプラン表を活用して、明確な目標のある人生を歩んでいきましょう。そこでこの記事では、ライフプラン表とは何かについて解説しつつ、メリット・作成方法・活用方法についてご紹介します。

アバター

RashiK運営担当
くりす

ひとことメモ

アバター

RashiK運営担当
くりす

ライフプラン表は「数十年先までのライフイベントを想定して、長期的な生活設計を立てていく人生マップ」。自分の人生の棚卸しでもあり、これからの目標を立てる上でとても役に立つものになると思います。頭の中で考えていることを具現化するって、なんだかワクワクしませんか?

どんなことを書いていけばいいのか、項目も簡単にまとめていますので、この記事を読んで今後の生き方について考えるきっかけにしてみてください。

ライフプラン表を作ってみよう!

人生にはマイホームの購入や結婚などの「ライフイベント」があり、人生の節目では大きな支出がともなう場合もあります。数十年後まで見越したさまざまなライフイベントを想定して、長期的な生活設計を立てるのが「ライフプラン」です。

ライフプランを表にした「ライフプラン表」には、ライフイベントや家計の収支などを1年ごとに区切って記入します。収支の長期的な変化をシンプルな表によって把握でき、将来に向けた貯蓄など、具体的な計画に役立てられるのが大きなメリットです。

ライフプラン表に記載する項目とポイント

ライフプランを1枚の表にしたライフプラン表には、最低限の情報を簡潔に見やすく記載します。手書きで作成しても構いませんが、エクセルなどの表計算ソフトでも簡単に作成が可能です。ライフプラン表に記載する項目とポイントについて見ていきましょう。

家族構成や年齢

家族構成と家族の年齢は、昇進や退職による年収の変化や、入学や卒業などのライフイベントに関わります。基本的な項目であるため、西暦や経過年数のすぐ下に記載しましょう。

収入に関わる夫・妻を上部に記載し、子どもはその下に記載します。ライフプラン表の1年目から、経過年数にともなって年齢も1歳ずつ増えていくように記載しましょう。家族全員の年齢を記載することで、複数の子どもがいても、入学や卒業などのタイミングをひと目で認識できます。

ライフプラン表に記載する年数は、夫・妻の定年退職までなのか、年金生活まで含めるかという条件で前後する形です。作成時点で未婚の場合には、結婚や出産などを希望年数として記載しましょう。

目標

ライフプラン表は1年ごとに数値の推移を記載していきますが、ライフプランを立てる上では目標設定も重要です。目標に関しては別表を作成し、現在の目標や短期・中期・長期の目標に分けて記載しましょう。

ライフプラン表は明確な数値による客観的な指標が得られます。目標についても、漠然とした夢ではなく、具体的な数値を含めた目標とするのがベターです。

たとえば数年以内にマイホームの頭金を準備する目標を立てる場合、頭金の金額が家計の収支とかけ離れていれば実現は難しいでしょう。現実的な目標を設定し、プライベートとビジネスで分けてリストを作成しておくのも効果的です。

ライフイベント

人生には結婚や出産、マイホームや新車の購入、転職や退職などさまざまなライフイベントが起こります。ライフプラン表の作成においては、ライフイベントの内容や起こるタイミングを思いつく限り記載することが重要です。起こるタイミングが明らかなものから、経過年数に合わせてライフイベントを記載していきましょう。

子どもの入学や卒業のタイミングは、年齢に応じて決まってきます。マイホームの購入や車の定期的な乗り換えも想定できるなら、支出の多いライフイベントと同年にならないかどうかも検討しましょう。

家族旅行や資格取得なども家計の収支に関わってくるため、予定があれば記載しておきます。起こる時期が明らかではないライフイベントも、目標設定という意味で記載しておきましょう。

収入

ライフプラン表は年単位で記載するため、収入の欄には年収を記載します。額面の給与ではなく手取り額で計算し、賞与も含めて年間の差し引き支給額を記載しましょう。将来の年収については、低めに見積もって記載しておくのが無難です。ひとまずは現在の年収をコピー、あるいは微増する程度で記載しておきましょう。

ライフプラン表では世帯年収ベースで考えるため、配偶者の収入があるなら、自分の年収の欄に加えて配偶者の年収の欄も作成します。児童手当などの補助金の受け取りがある場合には、その他の収入の欄に記載しましょう。

退職後まで含めてライフプラン表を作成するなら、年金支給額も記載します。この場合は、ねんきんネットなどで年金見込額を試算しましょう。

支出

支出に関しては項目を分けすぎると複雑になるため、項目を絞って記載します。たとえば、基本生活費・住居関連費・教育費・車両費などです。食費や被服費などは基本生活費にまとめ、家賃・管理費・修繕積立金などは住居関連費にまとめます。

子どもの学費や習い事などにかかる費用は教育費にまとめますが、通う学校が公立か私立かで費用は大きく異なるため、シミュレーションに役立てましょう。入学費を教育費にまとめるか、ライフイベント関連費として別項目に記載するかというルール設定も重要です。

車両費には、ガソリン代や各種税金など年間維持費の合計金額を記載します。車検の年はやや高額になるため、車の乗り換えの時期も検討しましょう。

貯蓄額

ライフプラン表の最後の項目には貯蓄額を記載します。貯蓄額には、預貯金に加え、株式や投資信託などの資産も合算しましょう。土地や建物などの固定資産は貯蓄額からは除外し、現金化の容易な流動資産のみを合計します。

本来のキャッシュフロー表では運用利回りなどを加味しますが、概算を求める場合には現在の資産の合計で十分です。2年目以降の貯蓄額は、収入合計額から支出合計額を差し引き、年間収支を加えて計上します。たとえば年間収支が100万円のプラスなら貯蓄額は100万円増え、50万円のマイナスなら50万円減るという具合です。

収入や支出の概算から、おおよその貯蓄額が求められます。貯蓄額が赤字になると家計の破綻を意味するため、貯蓄額が増えていくシミュレーションを行いましょう。

ライフプラン表を作成するメリット

ライフプラン表には、ライフイベントや目標、収支や貯蓄額といった最低限の項目を簡潔に記載します。これらの情報が1枚にまとまっているため、家族との目標の共有や支出の把握が容易です。ライフイベントを加味した収支のバランスが把握しやすいため、マイホームの購入計画や保険の見直しなどにも活用できます。

目標の共有ができる

配偶者がいる場合、ライフプラン表は目標の共有に役立ちます。子どもの出産予定や進学、マイホームや車の購入など、夫婦間で共有したい目標はさまざまです。ひとつのトピックを話し合う際には将来的な生活設計も踏まえる必要があり、夫婦で意見が合わない場合もあるでしょう。

ライフプラン表を作成しておけば、生活設計についての客観的な指標があるため、論理的に話し合いを進めやすくなります。作成時点では記載していなかったライフイベントであっても、ライフプラン表に加えた場合にどのような変化があるかを予測するのも容易です。

夫婦で目標を共有し、場合によっては修正しながらライフプランを設計していけるのは、ライフプラン表を作成する大きなメリットといえるでしょう。

支出を把握できる

人生にはさまざまなライフイベントにともなう支出が発生するため、10年後や20年後の支出まで計算するのは容易ではありません。ライフプラン表を作成すれば、現在の支出だけでなく将来的な支出も把握しやすくなります。

ライフプラン表に記載するのは概算ですが、将来的な支出を予測した上で計画を立てやすくなるのは大きなメリットです。たとえば、将来的な支出から逆算して必要な資金を割り出し、根拠に納得した上で貯蓄の計画を立てられます。

支出に耐えられないケースを想定し、家計が破綻するリスクを避けやすくなることもメリットです。家計簿をつけていても支出を減らせない、貯蓄額も増えないという場合にも、ライフプラン表は有効に活用できるでしょう。

マイホーム購入の計画を立てられる

大きな支出がともなうライフイベントは複数ありますが、マイホームは人生の中で特に大きな買い物です。マイホームの購入を視野に入れるのであれば、将来的な支出を加味して資金繰りを計画することが重要です。

現在の家計でどれくらいの価格の物件をいつ購入できるか、頭金を捻出したりローン支出に耐えたりできるかもシミュレーションしましょう。子どもの入学や車の購入など、大きな支出がともなう年は、マイホームの購入を避けるのが無難です。

子どもの成長やローンの完済時期も加味して、適切なタイミングで物件選びを始めることも検討しましょう。ライフプラン表があれば、さまざまな関連要素を同時に検討しやすくなります。

保険を見直すきっかけになる

将来の備えとして、複数の保険を契約する場合もあるでしょう。保険には終身保険や医療保険、介護保険や学資保険などさまざまな種類があり、それぞれの保障の内容は異なります。カバーできる範囲が広くなるほど安心感は増しますが、家計を圧迫することに注意が必要です。

ライフプラン表を作成すれば将来的な収支のバランスが把握しやすいため、不要な保険を見直すきっかけを得られます。保険で得られる安心感よりも、優先すべきライフイベントが見つかるケースもあるでしょう。

すべての保険を契約したままだと、子どもの進学後などに赤字が続くケースもありえます。目標を達成するために不要な保険は解約し、適切なキャッシュフローに修正しやすくなることも、ライフプラン表を作成するメリットです。

作成したライフプラン表を活用する方法

ライフプラン表はシンプルな内容でありながら、長期的な生活設計を適切にまとめられます。さまざまなメリットを生むライフプラン表ですが、作成しただけでは十分な効果を発揮できません。ライフプラン表を活用するために、モチベーションを維持する方法や、定期的な見直しについて見ていきましょう。

毎日見るところに置きモチベーションを維持する

ライフプラン表を詳細に作成しても、内容を現実に反映できなければ意味がありません。将来的な収支のバランスも加味した生活設計を実行するには、消費行動の見直しなどを行い、それまでの生活を意識的に変えていくことも必要です。

目標達成に向けて生活を変えていくために、ライフプラン表は毎日目にする場所に置き、モチベーションを維持しましょう。エクセルファイルなどで作成する場合には、プリントアウトして壁に貼っておくと見やすくなります。

目標達成できると何が得られるかを分かりやすくするために、将来像をイメージできる画像などもセットにして貼ることも効果的です。目標達成を遠ざける消費行動は避け、ライフプラン表の内容が現実になるよう意識を変えていきましょう。

定期的に見直しをする

ライフプラン表は目標達成に向けた行動の指針として活用できますが、記載している内容はあくまで予測です。記載したライフイベントは起こる時期が変わる場合もあり、ライフプラン表の内容が現実と合わなくなれば見直しを要します。

たとえば、出産は予定した年度に起こるとは限りません。ライフイベントの発生時期や収支のバランスがライフプラン表と異なれば、マイホームの購入時期の見直しが必要になるケースもあるでしょう。

ライフプラン表では収支のバランスも概算であるため、現実と異なる状況は珍しくありません。計画の見直しは都度必要になると考え、ライフプラン表も定期的に見直していきましょう。

まとめ

人生には出産やマイホームの購入など、さまざまなライフイベントが起こります。将来的な収支のバランスを予測しなければ、どれくらいの貯蓄が必要かは判断しにくいでしょう。

アバター

RashiK運営担当
くりす

ひとことメモ

アバター

RashiK運営担当
くりす

ライフプラン表は「数十年先までのライフイベントを想定して、長期的な生活設計を立てていく人生マップ」。自分の人生の棚卸しでもあり、これからの目標を立てる上でとても役に立つものになると思います。頭の中で考えていることを具現化するって、なんだかワクワクしませんか?

どんなことを書いていけばいいのか、項目も簡単にまとめていますので、この記事を読んで今後の生き方について考えるきっかけにしてみてください。

あなたにおすすめ