エクセルでライフプラン表を作るには?作成方法やメリット

エクセルでライフプラン表を作るには?作成方法やメリット

2020/06/26

マイライフ

この記事をシェアする
3
3
この記事をシェアする

現在の収入・生活状況から将来を見据えるライフプランは、人生を充実化するために重要な要素です。エクセルでも気軽に作成できますが、操作方法や作り方が分からず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、エクセルで作成できるライフプラン表について詳しく解説します。エクセルを使うメリットもご紹介するため、これから始めたい方も有効活用できるでしょう。作成しやすくなるポイントもピックアップしています。

アバター

RashiK運営担当
くりす

ひとことメモ

アバター

RashiK運営担当
くりす

ライフプランってどうやって作ったらいいのかわからないですよね。実はエクセルを活用すれば簡単且つ便利に作成することができるのでおすすめです。ライフプランをエクセルでまとめることでお金の動きを把握することができ、「実はこんなことにお金使っていたんだ…」なんてことに気づくきっかけにもなります。

無闇に作るのではなく、手順に従えば簡単に作成できるので、この記事を読んで充実したライフプランを立ててみましょう!

エクセルを使ったライフプラン表の作り方

スムーズかつ現実的な結果を得るためには、ひとつひとつ順序を追って進めることが大切です。むやみに複数の情報を反映するのではなく、事前情報を明確にした上でスタートしてみましょう。将来的に予測できるライフイベントの考慮も必要です。ライフプラン表の作り方を、6つの段階に分けてご紹介します。

目標設定を記入する

ライフプランを設計する上で特に重要といえるのが、短期・長期における目標です。以下の内容を参考に、期間と目標をピックアップしましょう。

・1年間でどのくらい貯金したいか
・貯金の目的は何か
・10年以上の期間で目標にしたい貯金額

短期的な目標だけでなく、10年・20年単位での計画も必要です。マイホームを購入したり車を買い替えたり、生活背景をイメージするとプランニングしやすくなるでしょう。可能な限り具体的な期間と数字を記入するのがおすすめです。

家族構成や年齢を記入する

生活の状況を明確化するために、現時点での家族構成を詳しく記入します。配偶者や子どもの年齢も正確に反映しましょう。結婚しておらず、今後も予定がない場合は自分のみの情報で問題ありません。

「予定はあるが正確に分からない」という方は、現実的な将来を見据えた上で希望を記入するのがおすすめです。極端に長期的な計画では非現実的な内容になる可能性があるため、20年程度に留めたライフプラン表を作成しても良いでしょう。

ライフイベントを記入する

収入状況が一定でも、出産や引っ越しなどで大金を要する時期を迎えるかもしれません。現状から予測できるライフイベントをピックアップし、どのタイミングでどのくらいのお金が必要になるか計算しましょう。以下が代表的な項目例です。

  • キャリアアップや転職
  • 中長期旅行・留学
  • 結婚や出産
  • 中学・高校など子どもの進学
  • 引っ越しや転勤
  • 退職後、老後の生活

教育費は、公立・私立の選択肢によっても変動します。複数考えられるのであれば、高額な方を反映するのがおすすめです。

支出を記入する

大まかな計画を立てた後は、金額を明確にするため支出を記入していきます。以下の項目を参考に、ライフイベントに合わせて反映しましょう。

  • 月々の生活費(固定できるもの)
  • 光熱費など(変動しやすい生活費)
  • 住居費(家賃やローン)
  • 車両費(保険料やガソリン代含む)
  • 教育費
  • 保険料

生活費は、固定しやすいものと変動しやすいものを分けると計算しやすくなります。教育費が分からない場合は、ライフイベントの流れも参考にしながら記入すると良いでしょう。

収入を記入する

1年単位での収支バランスを把握するために、収入を記入します。配偶者がいる場合は2つの項目に分けて反映するのがおすすめです。今後収入が変動する可能性がある場合は、予測される金額を記入しておきましょう。

注意したいポイントは、「手取り額を参考にする」という点です。額面では税金なども含まれているため、生活にどの程度影響するか把握しづらくなります。月によって変動が激しい場合は、12か月分の収入を合算して記入しましょう。

貯蓄残高を記入する

現段階での預貯金は、目標の達成や安定的な生活を得るためにも重要な要素です。可能な限り具体的な金額を明確にし、預貯金残高に関する項目へ記入しましょう。将来の預貯金額は、これまでに記入した支出・収入から自動で計算されます。預貯金に含むのは以下のような金額です。

  • 普通口座や定期預金口座への預入額
  • 投資信託など投資活動中のお金
  • 私的年金の積立金

ライフプランにおける預貯金は、流動資産を意味します。不動産のような固定資産は含まれないため、注意しながら計算しましょう。

ライフプランに最適!エクセルの強みとは

エクセルのツール自体に苦手意識を覚える方もいるかもしれませんが、多数のメリットを実感できます。価格を抑えられるだけでなく、デバイスを問わない点も魅力的です。基本的な知識があれば気軽に作成できるため、エクセルによって得られるメリットについて理解を深めておきましょう。費用や手間など、5つの観点からご紹介します。

エクセルは安く利用できる

個人用のソフトでも比較的導入しやすく、大金を必要としない点がメリットのひとつです。エクセル以外のツールとセットになった商品もありますが、単体で購入するとライフプラン表のみを目的とした使い方もできます。日々の家計簿など幅広く活用可能なため、用途が多いほどお得に感じやすいツールといえるでしょう。

Windows・Macに対応している

エクセルは、さまざまな業種・目的で需要を高めているツールのひとつです。対応OSも幅を広げ、現在ではWindowsの他Macでも利用できます。中にはOSを限定するツールも存在するため、どのパソコンでも使いやすい点はメリットです。複数のパソコンを所有している方や、買い替え後の相互性が気になる方も安心して導入できるでしょう。

タブレットでも利用できる

アカウントを共有するデバイス間であれば、スマートフォンやタブレットでもライフプラン表を作成できます。デバイスによっては不便に感じる可能性はありますが、「パソコンで作成してタブレットで確認する」といった方法も可能です。iOSだけでなく、Androidでもアプリを導入した直後から活用できます。

表や計算式の作成が簡単

パソコン関係の操作が苦手な方でも、コツがつかみやすい仕組みはエクセルならではの魅力です。本格的な計算では複雑な操作を要しますが、ライフプラン表の作成であれば簡単に実践できます。

有名なツールのため、書籍やインターネット情報が豊富に流通している点もメリットといえるでしょう。基礎が組めると自動で計算してくれるため、継続的な労力を減らせるツールです。

整理しやすいシート機能

現在購入可能なエクセルでは、横並びにシートを追加・削除する仕組みを採用しています。本に貼り付けるインデックスのような感覚で、月・年などに分類したシートを選択できる構造です。

シート名は、自分の好きな文言に設定できます。シートの数が増えると探す作業も複雑になるため、情報量に合わせて整理すると瞬時に画面上へ呼び出せるでしょう。

ライフプラン表を作成しやすくするポイント

ライフプラン表の作成で重要なのは、過去の事実と未来の予測を考慮することです。過去・未来のいずれかのみに注目すると、現実的なプランとはかけ離れた結果が出るかもしれません。お金に関する情報の整理が苦手な方は、専門家に相談しても良いでしょう。効率的なプランニングにおすすめできるポイントを3つご紹介します。

家計簿を書く

月々の収支を具体的に把握していない方は、家計簿を書く作業から始めるのがおすすめです。適切な金額を反映した上で一覧化するためには、お金を使う目的や割合を明確にする必要があります。大まかな金額では将来の数字に差が出るため、食費・光熱費など用途別に分けて記録してみましょう。

手書きでは負担を感じやすいため、スマートフォンやタブレットでアプリを活用する方法もあります。関数などの知識を蓄えた段階であれば、ライフプラン表の作成と家計簿をエクセル内で実践しても良いでしょう。

テンプレートを活用する

「自分の状況に適したライフプラン表を完成させる自信がない」という方は、すでに公開されているテンプレートを使うのもおすすめです。あらかじめ複数の項目と関数が記入されており、情報を入力するだけで結果が確認できます。

初期段階ではテンプレートを用い、追加項目や人数に合わせて改変を加えるのも有効的な活用方法です。自由度の高いシステムがエクセルの魅力でもあるため、ダウンロード可能なテンプレートを試して自分に合うものを見つけましょう。

ファイナンシャルプランナーに相談してみる

単純な数字で結果を出すのが不安な方は、専門家に相談する方法もあります。お金に関する知識を持ったファイナンシャルプランナーに依頼し、より具体的な人生設計をアドバイスしてもらいましょう。

ライフプラン表に記載されている内容の他、資産運用の有益性や生活に合った収支バランスなども相談できます。改善が必要な部分にも意見を求められるため、将来の安心感を高めるためにも適した選択肢といえるでしょう。

ライフプラン表を作成するメリット

将来的な経済状況を予測するために有効なライフプラン表ですが、他にもさまざまな観点からメリットを得られます。現在の生活を見直し、余分な出費を抑えて節約につなげられるかもしれません。任意保険のプランを再認識する機会にもなるでしょう。ここからは、ライフプラン表によって得られるメリットを3つご紹介します。

キャッシュフローが明確になる

ライフプラン表の作成によって把握できるのは、「収入のうちどのくらい出費があるか」というお金の流れです。キャッシュフローが明確になると、お金の使い道や貯められる金額も分かりやすくなります。

口座に預けている金額のみでは認識しづらいため、現状を知るために役立つ方法ともいえるでしょう。例えば「食費だけ極端に高額」といった場合、月々の食費節約を意識することでキャッシュフローにも変化が表れる可能性があります。

家計に影響を与える項目が明確になる

十数年後を見越して作成したライフプラン表は、長期的な家計の変化が把握できる点もメリットです。10年後にマイホームの購入を予定している段階でも、実際には出費が家計を圧迫するかもしれません。

現段階からこのようなシミュレーションが行えるため、月々の貯金額を増やしたり節約したりといった意識も高まるでしょう。将来の目標を達成するために、今から実践できる取り組みを考える機会にもなります。

保険の見直しに活用できる

ライフプラン表は、あくまでも現段階における単純な計算結果です。順調に進めばさらなる充実化を目指せますが、病気や死が原因で状況が一変する可能性もあります。具体的な数字を反映したライフプラン表を参考にすると、加入している任意保険を見直すきっかけになるでしょう。

充実した将来だけでなく、万が一の事態も想定しながら計画を立てる意識が大切です。収入源の偏りや変動によって及ぼす影響も考慮し、保険制度を有効活用できるプランニングを行いましょう。

まとめ

ライフプランは、将来を見据えながら予測を立てるために重要な作業です。金銭的な要素が必要になるため、エクセルを活用してライフプラン表を作成してみましょう。パソコンの他、アプリに対応したタブレットでも作成・閲覧できます。

操作が苦手な方や時間に余裕がない方は、テンプレートをダウンロードして記入するのもおすすめです。ファイナンシャルプランナーなどの専門家にも相談しながら、あらゆる事態を想定した上でライフプランを設計しましょう。

アバター

RashiK運営担当
くりす

ひとことメモ

アバター

RashiK運営担当
くりす

ライフプランってどうやって作ったらいいのかわからないですよね。実はエクセルを活用すれば簡単且つ便利に作成することができるのでおすすめです。ライフプランをエクセルでまとめることでお金の動きを把握することができ、「実はこんなことにお金使っていたんだ…」なんてことに気づくきっかけにもなります。

無闇に作るのではなく、手順に従えば簡単に作成できるので、この記事を読んで充実したライフプランを立ててみましょう!

あなたにおすすめ