老後の資金を増やすための運用方法とは?投資との違いや注意点について徹底解説

お金

老後の資金を増やすための運用方法とは?投資との違いや注意点について徹底解説

更新日更新:2021/08/27

公開日公開:2021/08/04

この記事をシェアする
0
0
この記事をシェアする

老後の資金について漠然とした不安を抱えている方が多く、資産を増やそうと思っても何から手を付けたらよいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

老後は現役で働いていた時とは異なり、資産の増やし方を考えておかないと、資金は減っていく一方です。人生100年時代と呼ばれる現代だからこそしっかりと将来設計を立てていく必要があります。

資産運用の方法は数多くありますが、老後の資産運用はリスクが少ないものを選ぶことがポイントです。そこで今回は、老後の資金を運用するときの注意点や運用方法についてご紹介します。

アバター

RashiK運営担当
かじかわ

ひとことメモ

アバター

RashiK運営担当
かじかわ

老後の貯蓄を増やすためには、早い年齢からお金の勉強をはじめ、計画的に運用をおこなっていくことがポイントです。

運用をおこなう際に大切なことは、投資などで資金を運用すると必ずしも増えるわけではないことを知っておくことです。この記事を参考に各運用方法のメリット・デメリットを知ったうえで、運用を検討してみてはいかがでしょうか。

老後の不安について

現役で働いているときと比較すると、老後は退職して収入が減る傾向にあるため生活に不安を抱きがちです。退職後はライフスタイルが変わるため、健康面も懸念されます。病気になると医療費がかかり、貯蓄を切り崩す必要があるため健康の維持は大切です。日頃から運動するなど日常生活に気を付けることで医療費の出費を削減でき、貯蓄を減らさないようにすることができます。

老後2000万円問題も話題となっており、老後に困らないよう現在必要になっている費用と老後に必要になると予想される生活費を書き出してみると、より具体的な数字を知ることができます。将来設計を立てるためにも、退職後に自分がどのような送りたい生活を送りたいかを考えながら運用や投資を検討するなどして資金を貯蓄していきましょう。

退職後どのように生活するかを考えよう

退職後は趣味に時間を割きたい人や変わらず仕事を続けたい人などさまざまな人がいますが、老後の貯蓄を増やすためには早い年齢からスタートすることがポイントです。

退職後に収入が減る場合は、それに見合った生活をしなくては貯蓄が減少する一方になってしまいます。また、貯蓄額を増やし続けることには限界があるため、老後の資金を増やすための方法を考える必要があります。お金を増やす方法は数多くありますが、資産運用などを活用しお金を増やしていくことで自分の時間を割くことなく貯蓄をするという方法もあります。

老後の資金を増やす、資産運用の始め方

老後の資金を増やすための運用方法には多くの種類があるため、迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

実際に自分でお金の運用方法の勉強を始めると正しい知識が身につくため、どの情報が間違っていてどの運用方法をおこなうべきなのか理解できるようになります。老後の資金を増やすために資産運用を始めるためには、まず運用方法の勉強を独自で始め、わからないところが出てきたら本格的に専門分野の人に相談してみることがおすすめです。

老後の資金の運用と投資の違いについて

老後の資金の運用と投資の大きな違いは、資金を運用するか資金を投資するかで変わってきます。資金を運用する手段として有名なのは、土地や建物などを活用して資金を増やす方法です。投資は、株やFXなど資金を投資するものです。

一般的に投資も資産運用の一種に分類される場合もありますが、大きなリスクを伴うものもあります。資産運用をおこなう場合も投資をする場合も、事前にセミナーなどで学んでから取り組むことがおすすめです。

いくら投資するのかを決める

投資はリスクを伴うため、先にいくら投資をするのかを決めましょう。事前にいくら投資するかを決めないと大切な財産をつぎ込んでしまうことになる可能性があります。たとえば、FXで資産を増やしたい人は上手くいかなかった場合はマイナスに陥ってしまいますが、投資金額を決めておかないと博打のようにお金を費やして後悔する事態になります。

基本的に投資はリスクを伴うものであるため、確実に資金が増えるわけではありません。投資する金額は、損をしても生活や自分の精神に影響を及ぼさない金額がよいでしょう。少額から始められる運用方法もありますが、その分増える金額は少なくなるため自分が納得できるような投資方法にしましょう。

老後の資金を増やすために運用する目的を確認しよう

老後の資金を増やすために運用をおこなう場合は、目的によって運用方法が異なります。

長期的に老後の貯蓄をしたい人は、不動産活用や賃貸活用などリスクが少ない運用方法がおすすめです。貯蓄を一気に増やしたい人は、短期の運用が可能なFXや株取引がおすすめですが、リスクがある分マイナスになることも考慮しておきましょう。

老後の資金を増やす目的は、生活するための人や趣味に費やしたい人などさまざまです。自分の目的を書き出すことでお金の運用目的が明確になります。

老後の資金の運用シミュレーションを活用

老後の資金の運用をおこなう前に資産運用シミュレーションを活用することで、おおよその金額を把握することができます。

資産運用シミュレーションでは、将来いくらになるかの計算や月単位の金額の計算、目標金額に対していくら積み立てが必要かなどを知ることができます。目的に合わせて選択できるため、将来設計に役立つでしょう。

参考:資産運用シミュレーション 金融庁

老後に資金を運用するための種類

老後に資金を運用するには、長期的に運用する場合と短期で運用する場合があります。長期的な運用は、日々変化する値動きに左右されないのがメリットです。一方、短期的な運用のメリットは、すぐに値動きによって結果を得られる点です。ここでは老後の資金を運用するための種類を解説します。

投資信託

投資信託とは、投資家と呼ばれるお客様から資金をまとめて集め、投資の専門家が運用する金融商品のことです。集めた資金を株式や債券などをどこに投資するかは、専門家によります。

投資信託を長期で保有した場合のメリットは、値動きに一喜一憂しなくても済む点です。1日に1回しか価格が決定しないため、リスクをコントロールすることが可能です。投資信託を短期で保有する場合は、投資経験を積むことができて損切の見極めを早くできる点がメリットとなります。そのかわりに、解約手数料がかかってくるため注意が必要です。

株式投資

株式投資とは、株価が安い時に購入して高い時に売却するとその差が利益となるものです。配当金や優待券がもらえることもありますが、投資金額を失うリスクも伴います。

株式投資を長期保有する場合、大きな利益を期待することができて、株主優待や配当金を受け取ることが可能な点です。しかし、長期で保有する場合は財務分析をおこなうためにフロー表などを勉強し将来性を見極めて銘柄を選定する必要があります。短期で保有する場合は、長期で保有するときと比較して早めの利益が確定するところがポイントです。

不動産投資

不動産投資とは、駐車場として土地や家など不動産を貸出して駐車場料金や家賃などを受け取る投資方法のことです。

不動産投資のメリットとしては、副業になり、始めるのに手間や時間がかからない点です。終活として考えている人は、現金を残している人よりも不動産の相続税の方が低い傾向にあるため、相続税対策として活用することも可能です。デメリットとしては、修繕したり、災害のリスクに備えたりする必要があるため、費用が掛かってくる点は注意です。

保険

老後の資金を運用するためには、個人年金保険養老保険終身保険に入っておくこともおすすめです。老後2000万円問題が話題となっていることからも、公的年金だけでは不十分な可能性があります。個人年金保険に加入することで、老後の資産を補填することが可能です。

養老保険は、生存していると満期に保険金を受け取れる保険です。終身保険は、契約時に振込方法を選択することができて、年齢や期間から選べます。解約せずに生存している限り一生涯保険が適用されるため、いざという時の資金になります。

老後の資金を運用するときの注意点

老後の資金を運用するときの注意点としては、投資などで資金を運用すると必ずしも増えるわけではないことを知っておくことです。最悪の場合、資金の運用に充てた分だけマイナスになる可能性があるため、失っても困らない程度の資金を運用するようにしましょう。

老後の資金を運用する相談先に注意

老後の資金を増やすために専門家に相談する場合、自分の大切な資産を預けることになるため、信用できる専門家を探す必要があります。

銀行は自社の商品を売る傾向にあり、投資の結果に左右されないところが見受けられますが、資産運用の専門家は投資の結果によって報酬が異なるため、相談先の1つとして検討してみてください。

自分の資産をプロに任せすぎない

専門家に投資や運用をプロに任せられるところもあり、安心して初心者でも取り組めることを売りにしている金融機関もあります。とはいえ、銘柄を選定するのは自分自身であり、資産の増減は自分次第です。

自分で投資の勉強をすることで損切りのタイミングや失敗例などを学べるため、自分の投資に役立ちます。

高額な金額を1つの金融商品に投資しないこと

老後の資金の運用はリスクを避けることができないため、一か所に集中して投資するのではなく、分散して投資することがおすすめです。

もし、運用した金額がマイナスになってしまったとしても別のところで運用した資金がプラスになる可能性があります。マイナスになるリスクを減らすためにも一か所に集中させずに分散させることが大切です。

老後の資金の運用詐欺に注意する

老後の資金の運用詐欺は手口が巧妙化しており、老後資金が詐欺によって消えてしまうこともあります。以下に詐欺の事例を紹介します。

友人から利率のよい投資話を持ち掛けられたAさんは、実在する株だったため、信頼して資金を預けました。100万円からなら大丈夫と思い、資金が増えているときも損しているときもあったため、疑うことはありませんでした。しかし、最終的に元本を返してもらおうと連絡したところ電話が繋がらなくなってしまいました。

このように、お金の知識があまりなければ自分が知らない間に老後の資金を失うことになってしまう可能性があります。

投資の詐欺の被害にあってしまった場合、弁護士に相談したとしても、相手の連絡先や住所などの個人情報が偽装されていることが多いため失った費用を返してもらえる可能性は低いです。被害にあわないように投資の勉強を行うことで回避しましょう。

参考:2500万円の老後資金を「あっさり失った」投資詐欺、そのヤバすぎる手口(週刊現代)

老後の資金集めのためにお金の運用を勉強しよう

老後の資金を貯めるためにお金の運用方法について勉強することで、詐欺の被害を回避できる可能性も高くなり、株や投資先について自分で判断することができるようになります。投資方法は人によって異なるため、経済の流れも知らずにいきなり他人に委ねてしまうと後悔することになりかねません。

勉強方法としては、本の購入など独学で勉強して知識を身につけた後に、自分が学びたいと思えるようなセミナーに通うとより詳しい内容が勉強できます。いきなりお金の運用を始めてしまうと、損をしたり、騙されたりする場合もあるため慎重におこなうようにしましょう。

まとめ

老後の資金に関する不安はいつになっても消えることはありませんが、老後に向けて貯蓄を始める時期が早ければ早いほど負担を減らすことができます。

老後を心配しすぎるあまり運用資金に投資しすぎたり、貯蓄をしすぎたり日常生活が苦しくなるような過ごし方をするのは精神衛生上もよくないため、無理しない程度に進めていってはいかがでしょうか。

よくある質問

老後の資金を運用できる方法は?
投資信託や株式投資、不動産投資、保険などで運用できます。
詳しくはこちらをご確認ください。
老後の資金を運用する際の注意点は?
リスクがあるため、一か所に集中して投資するのではなく分散して投資することや、プロに任せすぎないことに注意が必要です。
詳しくはこちらをご確認ください。
老後の資金を長期的に運用したい場合は?
長期的に老後の貯蓄をしたい人は、不動産活用や賃貸活用などリスクが少ない運用方法がおすすめです。
老後の資金のための投資を決めるポイントは?
損をしても生活や自分の精神に影響を及ぼさないこと、自分が納得できることをポイントに、事前に金額を決めてから始めることが大切です。

あなたにおすすめ