人生設計でお金の計算は最も重要!必要なお金の考え方とは

マイライフ

人生設計でお金の計算は最も重要!必要なお金の考え方とは

更新日更新:2021/08/25

公開日公開:2021/07/27

この記事をシェアする
0
0
この記事をシェアする

人生設計においてお金の計算は非常に重要なポイントのひとつです。必要なお金を計算して将来に備えるために、人生設計を行うといっても過言ではないでしょう。

そもそも人生の中でお金はどのくらい必要になるのでしょうか。各ライフイベントにおいては、常にお金がかかってしまうものです。それらの額を具体的に知って人生設計を立てることが、老後に備えることにもつながります。そこで今回は、人生設計において重要となるお金の考え方を詳しく解説していきます。

アバター

RashiK運営担当
くりす

ひとことメモ

アバター

RashiK運営担当
くりす

人生設計でお金の予定を把握しておくと、あらかじめライフイベントに備えて準備ができるため、いざというときにお金がないと困ることがありません。人生設計をせずに、将来的にお金が足りるかどうか心配しながら過ごすのは気が気でないでしょう。

キャッシュフロー表を作成することで、人生設計のお金の予定を把握することができます。この記事を読んで、お金について考えるきっかけにしてみてください。

人生設計でライフイベントとやりたいことを整理

まずは、人生設計とは何かという点を説明します。一度しかない人生だからこそ、できるだけ後悔なく過ごしたいことでしょう。人生設計をすることは、お金や自分のやりたいことと向き合うためにとても重要なことです。

お金の予定を把握できる「人生設計」とは

人生設計(ライフプランニング)とは、自分や自分も含めた家族がどう生きていくかという具体的な計画・予定を立てることです。就職や転職、結婚、出産、マイホームの購入などが主なライフイベントにあげられます。また、自分の夢や趣味、やりたいことを含めたうえで具体的に示したものが人生設計です。

人生設計ではやりたいことやライフイベントをリストアップし、人生の流れに沿ってそれらを並べることで、最終的にお金の予定を把握したり、自分自身の価値観ややりたいこと向き合ったりすることにつなげていきます。

老後までのライフイベントとは

人生の中では非常に多くの出来事が起こります。それに伴ってお金が入ってくることもあれば、出ていくこともあります。そういった出来事の中でも大きな意味を持ち、人生そのものを動かすものが、ライフイベントと呼ばれるものです。

人生において節目ともいえるライフイベントは、学校卒業後から見て大まかにピックアップしただけでも以下のようなたくさんのことがあります。

  • 就職
  • 転職
  • (定年)退職
  • 結婚
  • 住宅購入
  • 車購入
  • リフォーム
  • 子どもの進学
  • 子どもの結婚
  • 旅行
  • 介護

これらのことを見ただけでも、人生ではあらゆることに多額のお金がかかることがわかるでしょう。もちろんこれ以外にもライフイベントに数えられるものはたくさんあります。独立して会社を立ち上げる、別の地域への移住を検討しているなども立派なライフイベントです。

いずれにしても、ライフイベントにはお金がかかります。これらのイベントに備えるためには、人生設計をして、必要な額や必要となるタイミングを把握しておくことが重要です。

やりたいこと・目標・夢とは

人生設計をしてお金の予定を把握する際には、自分自身のやりたいことや目標、夢などを考えたうえで、それらを実現するためにかかるお金についてもしっかりと計算していくことが大切です。

やりたいことや目標、夢は、人生において自分自身が実践したいことです。趣味や購入したいもの、希望するライフスタイルなどもこれに含まれます。また、やりたいことの規模が大きければ、それらはライフイベントにもなりえるでしょう。

人生設計を立てる際は、必要なライフイベントを見るだけではなく、趣味ややりたいこと、買いたいもの、食べたいもの、行ってみたいところなども忘れずに考えることが大切です。それに伴って必要なお金も計算します。

キャッシュフロー表を作成してお金の予定を把握

キャッシュフロー表とは、年間での出費を管理した長期的な予算管理表のようなもののことです。人生設計でお金の予定を把握するには、わかりやすいキャッシュフロー表を作成することが大切でしょう。ここからは、人生設計でお金の予定を把握するために必要なキャッシュフロー表の作り方をチェックしていきましょう。

キャッシュフロー表の作り方

キャッシュフロー表の作り方には具体的な決まりはありません。年間でかかる生活費や住居費、税金、保険料、子どもの教育費などをまとめて支出の合計を出し、収入の合計から引くことでお金の流れや予定を把握していきます。

その際には、キャッシュフロー表を見てすぐにわかるように、各ライフイベントも表内に書き込めるようにしておくのがおすすめです。ライフイベントとともに、どのようなタイミングで支出が大きくなるのか理解しやすくなります。

【参考】各ライフイベントでかかるお金の額

主要なライフイベントではどのくらいのお金がかかるものなのでしょうか。あくまで相場・目安ではありますが、日本FP協会がまとめたデータによると、以下のような費用がかかるのが一般的とされています。

就活:約14万円
結婚:約467万円
出産:約51万円
教育:約1,049万円/子ども一人
住宅購入:3,340万円
老後の生活費:約26万円/月
介護:約17万円/月
病気や怪我などの緊急出費:約60万円

これらの費用を目安として、人生設計におけるお金の予定を整理していきましょう。

人生設計を立ててお金が足りないとわかったら?

人生設計でお金の予定を立てる際によくある悩みの一つに、「人生設計をしてみたらお金が足りないとわかった」ということがあげられます。人生設計はあくまで予定なので今後変わってくる可能性はありますが、将来的にお金が足りなくなりそうだと思ったときは、以下のように対策を実践していくことが大切です。

家計の見直しを行う

基本的なポイントとして実践したいのは家計の見直しです。固定費を安く抑える、食費を少し節約する、無駄遣いを減らすなどの工夫を入れるだけでも、将来的には貯蓄を増やすことにつながってくるでしょう。

その際には、キャッシュフロー表が役立ってきます。今の生活費をどのように切り替えたらお金が足りない状況を防げるのか、10年後、20年後まで計算して具体的な額を見極めていくことが大切です。

収入を増やす【転職・副業・資産運用など】

お金が足りないと感じたら、収入を増やすことも積極的に考えましょう。今の仕事では圧倒的にお金が足りないと思うのであれば、これを機に思い切って転職を考えるのもひとつの手段です。また、結婚していて一方が働いてない場合は、共働きに切り替える方法も検討する必要があります。

さらに、副業、資産運用など、お金を増やしていく方法はさまざまあります。無理は禁物ですが、今できる範囲で収入を増やす工夫はぜひ実践していきましょう。

人生にはさまざまな思いがけないトラブルがある

上でもお伝えしましたが、日本FP協会のデータを参照すると、緊急出費にはその都度60万円ほどの費用がかかる可能性が考えられます。

緊急出費と呼ばれる代表的なものには病気や怪我があります。そのほかにも、何らかのトラブルがあって予定外の引越しを余儀なくされることがあれば、これも緊急出費に含まれます。人生は何が起こるかわからないため、思いがけないトラブルに見舞われることも少なくありません。

そのため、お金が足りない状態では、緊急時に困る可能性も十分に考えられます。現時点で人生設計をして貯蓄が足りているとわかっていても、緊急的なトラブルが起きてしまったためにお金が足りなくなってしまうということもあり得るでしょう。

お金が足りなくなる状況は、すべての方に起こり得ることです。そういった状況で少しでも困らないようにするためには、人生設計をしっかりと立て、できるだけ余裕をもってお金を管理していくことが重要となります。

人生設計でお金の予定を把握する意味

人生設計でお金の予定を把握することには、重要な意味やメリットがたくさんあります。将来のことだからこそ重要性がわかりづらく感じる部分もあるでしょう。そのため、人生設計でお金の計算を始める際には、どのような意味やメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。

各ライフイベントでお金に困らずに済む

人生設計で出費の予定を把握していなければ、いざというときにお金が大幅に足りなくなり、重要なライフイベントの際にも困る可能性があります。旅行に行きたくても行けない、介護費用を満足に用意できないなどの問題に直面してしまうことも否めません。

しかし人生設計でお金の計算をしていれば、あらかじめライフイベントに備えてお金を貯めることができます。大事なライフイベントの際にも困りにくくなるため、充実した人生を送ることにもつながるでしょう。

精神的な安定につながる

人生設計でお金の予定を把握すれば、精神的な安定につながるというメリットも生まれます。将来的に貯蓄が足りるのかわからないと思いながらお金を使っていると、今後への不安が募ることでしょう。しかし人生設計でお金の予定を把握すれば、予定は予定だったとしても、数字でわかりやすく予定をチェックできます。

将来に備えてお金の予定を把握することは、将来だけでなく現在の自分を安心させることにもつながるのです。人生設計によってお金の予定が立っていれば、常にお金が不安だと感じることもなくなるでしょう。

まとめ

人生設計を立てるときには、ライフイベントややりたいことに沿ってお金の計算を具体的に行っていくことが大切です。その際には、結婚や出産、住宅購入などの主要なライフイベントの際にかかる平均的な費用についても、ぜひ前もってチェックしておきましょう。

人生設計を細かく立ててお金の予定を理解しておくことは、ライフイベントでの出費に備えられる、現在の精神的安定につながるなどのメリットがあります。自分のやりたいことや夢、目標、重要なライフイベントなどを整理して、お金の計算を明確にしましょう。

よくある質問

人生設計とは?
人生設計とは、自分や自分も含めた家族がどう生きていくかという具体的な計画・予定を立てることです。
詳しくはこちらをご確認ください。
人生設計でお金の予定を把握する方法は?
わかりやすいキャッシュフロー表を作成することで把握できます。
作り方はこちらをご確認ください。
人生設計でお金が足りないとわかったらどうしたらいい?
まずは家計の見直しをしましょう。また、収入を増やすことも積極的に検討する必要があります。
詳しくはこちらをご確認ください。
人生設計でお金の予定を把握するメリットは?
各ライフイベントでお金に困らずに済むことと、精神的な安定につながることがメリットです。
詳しくはこちらをご確認ください。

あなたにおすすめ