人生設計ノートの書き方とは?ノートに書くメリットも解説

マイライフ

人生設計ノートの書き方とは?ノートに書くメリットも解説

更新日更新:2021/08/25

公開日公開:2021/07/26

この記事をシェアする
0
0
この記事をシェアする

人生設計を細かく建てるときのポイントとして、人生設計ノートを作成することがあげられます。人生設計は頭の中でぼんやりと考えるのではなく、ノートやパソコン、スマホの中などにわかりやすく書き出しておくことが大切です。

そこで今回は、人生設計ノートの書き方のポイントや、ノートに今後の予定をまとめておくメリットを紹介します。これから人生設計を立てる際にぜひ役立ててください。

くろき

RashiK運営担当
くろき

ひとことメモ

くろき

RashiK運営担当
くろき

人生設計とは自分の人生の予定や目標を立て、理想の人生の過ごし方を設計することです。どのような人生・ライフスタイルを望むのかを、まずは漠然とでもよいので考えてみましょう。

頭の中で考えて完結ではなく、ノートやファイルなどにまとめておくと効果的です。より楽しく進められるようにポイントを見ていきましょう。

人生設計とは何?立てる意味とは

まずは、人生設計とは何なのかを整理しておきましょう。人生設計は今後の人生におけるトラブルを減らし、そしてやりたいことを叶えて快適に過ごしていくために役立つものです。人生設計の概要や、立てる意味を解説します。

人生設計とは

人生設計とは自分の人生の予定を立て、理想のかたちを設計することです。人生はなかなか思い通りにはなりませんが、だからといって予定や目標をないがしろにしてはやるべきことも見えてきません。仕事を頑張るモチベーションも湧いてこないでしょう。

人生設計を立てることで、自分のやりたいことや目標、そして生きていくうえで訪れるライフイベントを整理し、それに伴ってお金の予定や自分のキャリアの状況などを把握していきます。

人生設計を立てる意味とは

人生設計を立てることには、さまざまな意味や重要性、メリットがあります。

  • やりたいことを明確にする
  • 万が一のトラブルで困らないようにする
  • これからの人生において必要なお金を把握する
  • 仕事に取り組むモチベーション維持につなげる
  • 老後への備えを万全にする
  • 家族と意思や要望をすり合わせる

このように、人生設計にはあらゆる重要性があるといえるでしょう。特にお金の予定をよりわかりやすく把握することには、大きな意義があると考えられます。人生を快適に過ごすうえで、お金は絶対に必要なものです。そしてお金に困らないためには、できるだけ蓄えを増やしておくに越したことはありません。

よりよい人生を生きるためには、常に人生設計を立てて自分と向き合っていくことが重要です。

そもそも人生設計の方法とは?

人生設計は頭の中で考えて完結させるものではなく、基本的にノートやファイルなどにまとめておくことが望ましいです。書き方には迷うものですが、それ以前の悩みとして、人生設計の方法がわからないという方も多いでしょう。まずは、人生設計の方法を簡単に整理していきます。

どのような人生を歩みたいのかビジョンを固めよう

人生設計を立てる際に必要となるのは、自分が目指す人生のあり方・ビジョンを明確にすることです。どのような人生・ライフスタイルを望むのかを、まずは漠然とでもいいので考えてみましょう。やりたいことや目標がはっきりしている方は決めやすいかもしれません。

趣味がない、やりたいことも特にないという方でも、「老後はのんびり暮らしたい」「退職後は田舎に移住したい」などの大まかな希望・要望などは出てくるのではないでしょうか。そういった人生のあり方やビジョンを固めていくことから、人生設計はスタートします。

期限・時期を決めておくのがおすすめ

自分のやりたいことや将来のビジョンが見えてきたら、それを達成するために必要な期間・タイミングを整理します。目標は期限やタイミングあるからこそ実現に向けて動くことができるでしょう。

具体的に何をいつまでに行うのかを決めることが、人生設計を立てるうえで重要なポイントです。

やりたいことと必ず訪れるライフイベントを分類分け

やりたいこととそのタイミングがわかったら、次は自分の希望としてやりたいこと(趣味や旅行で行きたいところなど)と必ず訪れるライフイベントを整理していきます。

まずは分類分けして、時系列順に並べていくとわかりやすいでしょう。表にまとめるときは、やりたいことの軸とライフイベントの軸が分かれているとよりわかりやすくなります。

お金の予定を立てる

続いて、それぞれの目標やライフイベントに沿ったお金の予定を立てていきます。必要なお金はいくらになるのか、いくら貯めておきたいのかなどを考えて、より具体的な資金計画を明らかにすることが大切です。

お金の予定に関しては、目標、目的、額が明確になっていればいるほど、人生設計した通りに行動しやすくなります。

人生設計ノートの書き方のポイントを整理しよう

ここからは、具体的な人生設計ノートを書くときの書き方のポイントを紹介します。手軽に書き込みやすいノートに手書きで人生設計をまとめる人も多いでしょう。人生設計をノートに書く場合は、以下の書き方のコツを押さえて、わかりやすくまとめていきましょう。

いつまでの人生設計にするか

人生設計を立てるときは、最終的に人生のゴールを迎えるまでの計画でももちろん問題はありません。しかし、いきなり最後まで考えるのは大掛かりすぎると感じる方も多いでしょう。

大掛かりすぎて想像がつかない、決めることが多すぎて困ったときは、ある程度期間を絞って人生設計を立てることがおすすめです。例えばこれから定年を迎えるまでにしたり、今から20年後くらいまでを目安にしたりなど、期間の設定は自由です。

いつまでの人生設計にするのかをまず決めることが大切です。

具体的な予定を考えて埋めていく

ノートに人生設計をまとめるときは、表を見てすぐに内容がわかるように、縦軸と横軸をきれいに整理することがコツです。仕事で使うような予定表と同じで、横軸には年齢や時期をまとめ、縦軸にはその時期に予定しているライフイベントややりたいことをまとめるのが一般的な形です。

その際には、縦軸には無造作にやりたいことやライフイベントを並べるのではなく、カテゴライズしてわかりやすくまとめるのがおすすめです。

必要なライフイベント、やりたいことで軸を分けたり、もしくは自分と家族それぞれの軸を作って家族全体の予定がわかりやすいようにしたりすると、より人生設計が客観的に把握できるようになります。

イベントに沿ったお金の予定も忘れずに

人生設計は、お金の予定を把握するという意味でも大きなメリットがあります。そのためノートの書き方のポイントとして、各イベントにともなって出ていくお金、もしくは入ってくるお金を記入することも忘れないようにしましょう。

将来的にどれくらいの出費があるのか、最終的な年収や退職金はどうなるのかなどを考えれば、老後に向けて貯められる金額もわかってきます。このようにお金の予定を把握すると、例えば「思っていたよりも足りないから、今からできる節約はしっかりしないと」といった行動にもつながってくるでしょう。

小さな目標を記入する欄を作るのもおすすめ

人生設計を立ててノートにまとめる際には、それぞれのタイミングで小さな目標やなりたい自分について記入できる欄や軸を作っておくこともおすすめです。

「この頃には仕事でチームを率いることができる人間になっていたい」といったような目標を記入してこれからの人生のイメージを作っておけば、それに沿って行動を起こすこともできるでしょう。

人生設計ノートの書き方における注意点とは

人生設計をノートにまとめる際には、書き方のコツ・ポイントとともに以下の注意点にも目を向けておくことが大切です。人生設計に失敗して余計なトラブルや問題に悩まされないためにも、注意点はあらかじめチェックしておきましょう。

家族との意見のすり合わせが重要

人生設計は、基本的に家族と意見をすり合わせながら決めていくものです。もちろん自分自身の人生だからこそ自由であることは確かですが、家族のことも考えたうえで人生設計を立てることが大切です。

そのため、結婚して家庭を持っている人は、パートナーとどのような人生を歩んでいきたいのか、お互いの意見を聞きながら人生設計を立てる必要があります。人生設計を立てることは、将来に大事な家族と意見の食い違いが起こらないように、意見をすり合わせるきっかけになるという意味でもメリットがあるのです。

今後変更になる可能性も加味しておく

人生設計をノートにまとめる際には、今後予定が変更になる可能性も十分に加味しておきましょう。繰り返しになりますが、やはり予定を立てていたとしても、人生はなかなか思い通りにはいかないものです。

例えば予定よりも早く出世できたり、会社で大きなトラブルが起こって思いがけず転職したりすることも予定外のことでしょう。人生設計の書き方としてノートにきれいにまとめることは大事なことですが、今後予定外のことが起きて、考えていた人生設計が変更になるかもしれないことは認識しておきましょう。

そのため、あとから書き換えやすいという意味では、手書きでノートにまとめるより、パソコンでExcelファイルなどにまとめておく方が使い勝手がよいかもしれません。

人生設計の書き方やテンプレートに具体的な決まりはないため、基本的に書き方は自由です。書きやすさ確認しやすさなどを考えて、自分にとって最適な書き方を模索することも大事なことでしょう。

まとめ

人生設計を立てることは、今後の自分のやりたいことやライフイベント、そしてお金の予定を把握するうえで大きく役立つものです。人生における大きなイベントに振り回されないためには、人生設計を固めておくことがとても重要です。

そのため、人生設計はノートやExcelファイルなどにまとめて整理しておき、定期的に見直しながら管理しておくことが大切です。ノートの書き方や適切な管理の仕方について理解を深めたうえで、人生設計を進めていきましょう。

よくある質問

人生設計とは?
人生設計とは自分の人生の予定を立て、理想のかたちを設計することです。
人生設計を立てる意味はこちらをご確認ください。
人生設計のやり方は?
自分が目指す人生のあり方と期限を固め、やりたいことと必ず訪れるライフインベントを整理します。最後に、予定に沿って資金計画を明らかにします。
詳しくはこちらをご確認ください。
人生設計ノートの書き方のポイントは?
いつまでの人生設計にするのかをまず決めることが大切です。縦軸と横軸をきれいに整理したり、カテゴライズしたりすることで、より客観的に把握できます。
詳しくはこちらをご確認ください。
人生設計ノートの注意点は?
家族のことも考えて人生設計を立てることが大切です。また、今後予定が変更になる可能性も十分に加味しておきましょう。
詳しくはこちらをご確認ください。

あなたにおすすめ