遺品整理はいつ始めたらいい?後悔なく遺品と心の整理をつけよう

終活

遺品整理はいつ始めたらいい?後悔なく遺品と心の整理をつけよう

更新日更新:2020/10/30

公開日公開:2020/10/28

この記事をシェアする
1
1
この記事をシェアする

故人の遺品は、いつ、どのタイミングで整理をした方が良いのか悩んだことはないでしょうか。気持ちの整理がつかない状態では始める気になれない、早くから着手しなくてはならない事情がある方もいることでしょう。

この状況は、いつ、どんな時に訪れるかは誰にも分からないものです。この記事では、焦ることなく故人と向き合いながらスムーズに遺品整理を行うための方法や注意点をご紹介します。予備知識として、ぜひ参考にしてください。

くろき

RashiK運営担当
くろき

ひとことメモ

くろき

RashiK運営担当
くろき

テレビなどでも最近よく耳にする遺品整理ですが、実際いつどのように行えばいいのかわからないですよね。目安としては、四十九日や一周忌など、親族が集まる機会に始めるといいでしょう。

親族間でのトラブルを回避するためにも、遺産相続人と相談した上で作業を進めることが重要です。遺品が大量にあって整理が難しい場合は、遺品整理士の力を借りて、故人の思いを供養するのもおすすめです。

遺品整理のタイミングに決まりはない

「遺品整理はすぐ取りかかった方がいいのか」「それとも四十九日まで待った方がいいか」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。実は遺品整理のタイミングに決まりはありません。親族が集まる機会を遺品整理のタイミングと考えた方が良い場合や、故人の住居が持ち家か賃貸かで片付ける時期は変わってきます。

遺品整理を始める目安

遺品整理は主に四十九日や一周忌、三周忌などの親族が集まる時期に始めるご遺族が多いようです。もしくは、故人の法的手続き(年金関係、健康保険の世帯主変更手続きなど)が終わり、気持ちも落ち着いてから遺品整理を行うことも一般的です。

遺品整理を始める際の注意点としては、他の親族へ相談をせずに1人で遺品整理を進めてしまわないことです。親族へ相談なしに始めてしまうと、後々トラブルに発展する可能性が高くなるので、きちんと了承を得てから進めるようすると良いでしょう。

持ち家か賃貸かで変わる

先ほどもお話した通り、遺品整理を行う時期はこれといった決まりはありません。しかし、故人が「持ち家」か「賃貸」に住んでいたかによって、遺品整理を行う際の期限が変わってきます。

個人が賃貸で暮らしていた場合、物件を大家さんや不動産会社に引き渡さなければならないため、指定された日までに遺品整理を行う必要があります。賃貸の場合のだいたいの目安は、亡くなった月末や翌月末までに遺品整理を行う場合が多いです。

一方、持ち家に住んでいたため時間に余裕がある場合は、遺品整理をすぐに行う必要はありません。しかし、保険や年金、公的な手続きを行う必要はありますので、すべての手続きを終えてから遺品を整理した方が良いと考えられています。

先に手続きをした方が良い理由として、先に整理してしまうことで書類上必要な証明や印鑑、証書などを紛失してしまうことがあります。時間に余裕がある場合は、遺品整理は後から始めても問題はありません。

中には数年後に整理し始めたと言う親族の方もいらっしゃいますので、焦らず進めていきましょう。

個人での遺品整理は「分別」から始める

故人の遺品整理をするためにはどんなポイントがあるのでしょうか。貴重品や形見など、お金になりそうなものは残しておくことは知っているけれど、その他の遺品はどう整理すべきなのか分からないという方も多いでしょう。

ここでは「貴重品や形見」「廃棄処分するもの」「リサイクルに回せるもの」「粗大ゴミの処分方法」に分けて説明していきます。

まずは貴重品や形見を分けておく

遺品整理をする際に気を付けたいポイントは、公的証書や重要書類などの「貴重品」と、故人が残した遺品などの「形見」を分けておくことです。

貴重品の例は以下の通りです。これらは手続きを行う際に、死亡の事実を明らかにできる書類として、戸籍抄本や死亡診断書のコピー、死亡届の記載された証明書が必要になったりします。できるだけ速やかに手続きを行う必要があるので、遺品整理の中でもなるべく早めに取りかかった方がよい項目です。

預金通帳(キャッシュカード)
不動産などの権利書類
有価証券
クレジットカード
健康保険証
年金手帳
公共料金などの請求書や領収書
マイナンバーカード
パスポート
印鑑
その他契約書類など

次に形見ですが、故人との思い出や記念の品のことを指します。指輪や時計、ブランド品、万年筆などの値打ちがあるものはもちろん、衣服や日用品などあまり価値がないものも形見に当てはまります。これらは親族間で形見分けをして整理した方がよいものとされています。

廃棄処分するもの

故人の遺品を廃棄するのもしのびないことですが、貴重品や形見以外でもらい手がない物に関しては廃棄処分の対象です。廃棄物の処分方法や分別方法は自治体によって変わってきますので、分別の詳細を各市区町村のホームページ、冊子などで確認しておきましょう。

また、リサイクル家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)を廃棄処分したい場合は、電気店に引き取りを依頼する、市区町村に問い合わせる、指定引取場所に持ち込むといった方法があります。親族間の日程などをふまえて、それぞれ引き取りを希望する所へ確認し回収してもらうことをおすすめします。

リサイクルに回せるもの

遺品を廃棄するのではなく、「活かす」方法としてリサイクルがあります。「故人が長年使っていたものを簡単に捨ててしまうことに抵抗がある」とお考えの方におすすめの方法です。

通常リサイクルに回せるものは家具や家電、日用品などで、これらはリサイクル店で買い取ってもらうことが可能です。また、リサイクル店にわざわざ運ばなくても遺品整理の出張買い取りを行っている店も多く存在し、その場で鑑定、支払いを済ませることができるので遺族の負担を減らすことができます。

特に家電は購入してから5年未満であれば高値がつくことが多いようです。支払いは現地見積もりから差し引く、現金受け取りにするという方法がありますので、ぜひ相談してみてください。

反対に年数が経っている家電製品がある場合、家電リサイクル券を使って振り込ことができます。この家電リサイクル券は郵便局で振り込んだ翌日から有効期限が10年間と決まっていますので、忘れずに引き取ってもらうようにしましょう。

粗大ゴミの処分方法

粗大ゴミの処理方法は自治体によっても変わってきます。主に自治体の処理センターや不用品回収業者を使って処分しますが、自治体の粗大ゴミ受付センターの場合収集日が指定されているので、事前に電話やインターネットで依頼をしてから処分となります。

指定日まで待つことができない、都合が悪いといった場合は、自分で持ち込むことも可能です。持ち込み処分はその場で処分してくれますが、量によってはトラックやワゴンタイプの大きい車の用意が必要になります。また、自治体によって受け入れを許可していない場合もあるので、事前確認は忘れないようにしましょう。

個人では限界がある場合も

故人の遺品があまりにも膨大な量だと、親族の手だけで作業するのは容易なことではありません。「親族だけでは手が足りない」「思いのほか力仕事」となることも考えられます。

他にはトラックで運ぶ場合は運搬車両代がかかりますので、時間や労力、金額を考慮した上で、個人で行うのか業者に依頼するのか検討した方が良いです。

遺品整理のプロに依頼する

親族で集まることが難しい時や、遺品整理をする時間が取れない場合は、遺品整理のプロである専門業者へ依頼するという方法もあります。

遺品整理はさまざまな業種が参入しているので、金額やサービス内容も異なってきます。プロにお願いするにはどんなメリットがあるのでしょうか。以下から確認しましょう。

遺品整理士とは

急速な高齢化と核家族化によって、今まで親族で行われてきた遺品整理は業者に委託する人が多くなっています。遺品整理士とは、そんな親族の方に変わって故人が残した遺品が「必要なものか、そうでないのか」を本人の気持ちに寄り添って仕分けをする作業をする人のことを言います。

遺品整理士へ依頼するメリットはプロによる故人への配慮です。依頼する側にとっても安心材料と言えるでしょう。

作業内容

はじめに業者が自宅訪問をして間取りをチェックします。そして捜索品があるのかどうかの確認、作業時間などを計算する流れになっています。

業者によってはハウスクリーニングや不用品の買い取り、遺品の供養なども行っています。他にも追加オプションとして色々な要望に応えている業者も多いので、依頼時にサービス内容を確認してみましょう。遺品整理で行われる代表的な作業内容は以下の通りです。

  • 貴重品や形見と不用品との仕分け
  • 不用品の回収
  • 家財の搬出
  • 簡易清掃

プロが遺品整理を行う場合、ワンルームタイプの部屋で2〜3時間、1LDKで5時間程度かかります。もちろん建物の広さや遺品の量によって変わってくるので、あくまで目安として覚えておきましょう。

料金の相場と選び方

遺品整理の料金の相場は、1LDKから2LDKの部屋で5万円前後〜15万円前後のところが多いです。これは整理代金、人件費、ゴミ処分代を含んでいるのですが、広さや家具の大きさによっても変動し、業者によってもサービス内容が異なってきますので、気になる場合は諸経費を含んでいるのかを確認をしてみましょう。

また、遺品整理士に依頼をする際は1社目で決めてしまわず、金額やサービス内容、明朗会計であるのかを踏まえて他の業者と比較して決めることをおすすめします。他にはインターネットで口コミを確認する方法もありますし、気になる点は事前に確認を済ませて当日の遺品整理に臨むことが大切です。

遺品整理をする際に気をつけること

遺品整理をしていると、これは捨てた方がよいのか、取っておいた方がよいのか判断に迷うことがあります。このような時は面倒になって捨ててしまいがちですが、気を付けるポイントがいくつかあります。どんなポイントに気をつけるべきなのか、以下から確認しましょう。

処分に迷ったら捨てない

遺品の整理をしていて処分すべきか悩んだ場合は「捨てない」ということを頭に入れておきましょう。そういった処分に困る場合は、捨てずに遺品整理士や買い取り業者へ相談することをおすすめします。

買い取りは難しいと考えていた遺品に値段がつくこともあります。例えばウイスキーやワインなどの洋酒は、場合によって高値が付くこともあります。

また、書類関係も面倒だからといって一気に処分してしまうのではなく、後々必要になってくる重要書類が紛れ込んでいるかもしれない可能性を考慮して、故人の全ての手続きが完了するまでは残しておくようにしましょう。

相続人が複数いるなら全員で

遺産を相続する際に、注意するべきポイントは相続人全員で話し合うということです。「遠方に住んでいて手伝うことが難しい」と判断される方や、「資産や貴重品はないから大丈夫だろう」と考えていらっしゃる方も多いでしょう。

しかし、後々の親族間でのトラブルを避けるためには、できる限り相続人同士で意識を合わせて進めることが理想的です。今後も続く親族同士の付き合いのためにも、できるだけ都合を合わせておきましょう。

デジタル遺産を忘れない

故人がスマートフォンやパソコンを利用していた場合、データの中に遺書やFX口座、ネットバンキング、SNSアカウントなどのデジタル遺産がある可能性があります。

ここで注意しなければならないのが、支払い義務があるサービスを利用していないかどうかです。例えば、ショッピングやゲームなどの月額課金が発生するものです。こういったものは、未然に引き落としを止めなければなりません。

まとめ

高齢化や核家族が加速し時間にゆとりが持てない現在は、故人の思いをくみとって遺品整理する時間を取るのは難しいのかもしれません。そういった場合は遺品整理士などの業者の力を借りて、故人の想いを浄化できるように工夫しておく必要があります。

どのような方法を取ったとしても、残された人達が後悔しない遺品整理ができるようその時に備えておきましょう。

あなたにおすすめ